重剣の現実逃避行のブログです。
重剣の現実逃避行記 
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天龍八部10/5
2005-10-05-Wed  CATEGORY: 天龍八部
中国のサイトの迷訳
36集~40集までのあらすじ

http://ent.sina.com.cn/v/2004-01-19/1722283148.html

コメントの所に迷訳を載せておきます。
ネタばれですので、読むときは、観ていない方
は気をつけて下さい。

yondaiakuninn1005


トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントしげけん | URL | 2005-10-05-Wed 21:08 [編集]
第三十六編語嫣はすべてを目の当たりにし、感傷段は死亡。
もう一度従兄を勧めて、慕容復はまた考えを悔いがなく、は語嫣は段誉と染めることがある、語嫣は悲しむしようとする決して、身投げは自殺する。
区切りは幸いまだ死なず、井戸下の二人は会う。気持ち
吐蕃王子を助けるために皇女の夫を争い、鳩摩智は井戸の周りに来て、慕容復去るを勧めて、鳩摩智が着手間二人爆発して病みつきになる。
慕容復は井戸の下を打ち落とされ、鳩摩智は「たやすく経営する」(つかむこと、「筋が)ためにまた井戸の底を落ちる。
井戸下の四人はさようなら、各は考えを抱く。
鳩摩智は病みつきになる(爆発して)ことは段誉に内力気が遠くなって倒れるを吸い(慕容復はなる。すべて三人死ぬ、ひとりでに去る)に行かれ、
仮定は竹などは探す段誉に着かない、木婉は澄んでいて段誉が策略手段を行く嫁を扮装する。
井戸の底三人後を目が覚めて、鳩摩智戦功は全て失う。かえって生涯の外を超脱する
段誉、語嫣二愛情は互いに悦である。別れがつらい
井戸を出た後、段誉、語嫣は皇宮に着き、仮定竹などは及び出会うみんなは興奮してやまない。
侍女は嫁人が内を引き入れる書斎を手招きをし、竹がいたずらに壁の上を会う戦功図鑑、忙しくてみんなを呼んで見ないで、しかし時のためにすでに遅く、竹が電灯がいたずらにやむなく消えて、みんなはちょうど今助かる。
この時、皇女が出現し、女の宮代皇女はみんなへ三質問を提出する。

第三十七編みんなの回答もいたずらに竹の回答が皇女を皇女にみな(満足)使わせることができない(ただ)ことは大変興奮している。
もとの皇女は夢おばで、今回は真実で手招きをして皇女の夫を選んでなって夢を郎虚竹を探して。
仮定と竹はもう一度再会し、皇女は身体でもって互いに許す。
段誉は知る人欲はあって父を害を与えて衆を率いる急いで行って段正淳は及び出会う。
霊鷲宮中、仮定竹のために紫色は眼を治す方法を探し出し、かえって必ず生きている人眼膜でもって互いに交換する。
紫色仮定に竹を求めて、仮定竹は傷害罪がない人を同意せず、抵抗する。
水泳が仮定を探す竹は死亡でもって互いに強制し、自身の眼膜を捧げたい及び、紫色、仮定はユンである。
砂浜を赤くなり、正す淳与衆夫人は段延慶三悪人に捕えられる。
火打ち石火刀をだまし取り(草海の木造家屋が宿を借りることを経て、段誉など道はをかすれられること)に行く。
みんなは点灯を打った後をなんとかする。かえって来てミツバチ襲撃を手招きをして
段誉は後を目が覚めて、発見する自身はただ陀山荘をいる、すべてもみな(王夫人)なる。
慕容復以段正淳はになる。王夫人は段誉で交換する必要がある、さらに段延慶を案内した

第三十八編王夫人は段正淳に愛はまたまた恨むことを会い、段正淳語嫣にまたそれを告げる女の段誉が聞いた後悲しむしようとする決して。
延慶は鰐神を譲って段誉を殺し、鰐神は同意しない、は延慶を殺される。
段誉を救う(刀白鳳意図延慶段はその子をとして誉めたたえる、延慶は大いに感じる)ために喜び安心する。
復「ことをさくさくしている涼風「毒が倒れるみんな、図のため大理天下、慕容復は延慶は義父になることを認める。
袋は異なり、風はだから恥になる、慕容復を勧める、慕容復に殺される。
段正淳を強制するために一日も早く退位し、慕容復将段正淳衆夫人はそれぞれ殺し、愛情がいらだつ以下、段誉は六脈神剣を使い、慕容復は負けて逃げる。
段正淳は愛のために命を絶つ、刀白鳳が段誉の身の上と言った後を自殺し、自分で首をはねて死ぬはついて行く。

第三十九編段誉は方法がない段延慶を受け入れる、延慶は悲しんで去って。
語嫣などは身内はすべてことを発見して雲南中ツルは語嫣を強奪するまた行くことを激しく泣いて(思わず声を出して)段誉殺されて到来し、
紫復明、遼寧探す蕭峰に帰り、平南の皇女を閉じることを受ける
洪基は蕭峰は宋を攻めて、蕭峰は忍びないを命じて人民が悲惨な境遇に陥る。拒絶する
洪基おびき寄せる紫色蕭峰に与えて下って毒入りの酒を飲み、途中の蕭峰毒性に発作を逃げ去り、紫色騙されるをたった今知り、大軍は封じて、蕭峰、紫色捕まえられる

第四十編は途中を護送し、溺れる(紫色)また逃げて、召喚査問大理の皇帝段誉および霊鷲宮の主はいたずらに竹である。
紫色など人は仲裁者を扮して監獄を混入し、蕭峰が地下道から救出し、外更にワシ(大理、霊、ある)、少林、はみんな呼応を手伝う。
群豪は雁門関外まで退き、洪基は行く手を阻むことを大軍を率いる。
段誉、仮定竹は洪基を生け捕りにし、蕭峰が宋を犯して条件にならず、やっとそれは行くことを置き、洪基は刀を誓いを切り、衆撤退を率いる。
契丹の子孫の立場で、蕭峰は自殺(ある、遼寧国を背負う、刀を振るう)を強く感じる。
英雄はすでに、みんなは万分悲痛で、紫色は悲しみいたんで蕭峰を抱いて愛を訴える。
(水泳)尋ねるまた紫色至り、紫色眼を掘るまだ、(水泳)大いに失望し、壁をぶつかって死亡する。
紫色終わって心配がなく、蕭峰を抱いて(微笑んで)を落ちる。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 重剣の現実逃避行記 . all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。