FC2ブログ
重剣の現実逃避行のブログです。
重剣の現実逃避行記 
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVB大富 封神榜 1集
2005-12-13-Tue  CATEGORY: TVB大富782
tvbhousinbou001


tvbhousinbou002



第一編どれのは前世の恩と仇によって李靖子天界仙山になり、もろもろの天上の神でしょう、四方から八枚で、雲と霧を操縦していて封に神台を空路で向かい、時姜子牙は黄色巻物を持ち、すぐに神掲示を閉じて、神台を閉じることにおいて賜って二軍将軍を閉じて、各自表情は厳かで、気をつけるように聞き、どれの本来の精神は盛んで、しかし子歯に彼の往事昔の事の時を叱り、顔色は漸進的に変化し、往事を振り向き、味はすべて胸のうちにある。
前学生を語り、どれのこの仙童火徳星な君、一日中群鹿と仲間になり、水泳山野水において、自己満足し、商はまた四大名将の一人‐李靖(‐)に向けて、鹿茸を受け取るために帝乙の治療を替わり、狩り鹿にやってきて、誤って君□咤はを落ちることを星命じて治さず、三年の六ヶの月後、李靖は群出陣が抵抗するであろう敵を引率し、時李妻殷十母の妊娠三年の六ヶの月、出産して間近で、しかしやはりついて行く出陣して敵を殺し、二人合力で以下、果は敵軍を養生するか?
消えて、喜ぶ時、十母は突然で動くことをする、李靖全軍はその場で駐在する。
経営する(十母、いくらか)ことは苦しく、しかし下のなんと?である肉ボール一つ、李靖はこれは悪人をで生涯を落とすことを断定し、怒剣が肉ボールを養生する両断を振るい、一つ三歳の子供‐どれ(‐)出る、どれのは往事昔の事を記憶し、李靖を命ずる彼に対して先入観が日大いに、十母は子を守って心から思って、どれのは予女ワ廟扶養に送るだろうことを決定し、どれの初め、孤独な味を味わい、決して李靖誕生日の日において、千里のは寿飽予李靖を送り終え、父子は氷釋以前の仲たがいである
続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント3
<< 2005/12 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 重剣の現実逃避行記 . all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。